ニーズにマッチ

食べ物のチケットにはお肉やお米など高額な物から、アイスクリームなどの低額で用意できるチケットもあります。 お肉やお米などは日常生活で当たり前のものですが、ギフト券で手に入れることが出来るものは、普段食べるものとは全然違いレベルの高い高級品です。そのようなものを食べてもらって、幸せな体験をしてもらいましょう。

アイスクリームなどの低額で用意できるチケットだってなかなか満更ではありません。もちろん低額というものの、レベルの高いアイスクリームを手に入れることが出来て、それは普段みなさんが食べているものとは全然違うものです。

最近ではお手ごろ価格で、カフェのドリンクチケットなどもあって、ちょっとした時間にそのようなチケットを利用して、カフェでゆったりとリラックスすることが出来ます。更に電気店のギフト券などもあって、送られた人たちはそれぞれ好きな家電を選択して入手することが出来ます。

現代社会は多様化して、人たちそれぞれ趣味嗜好が違い、二次会の景品について考えることは結構面倒という幹事さんもいます。それでも、やっぱり景品について考えることは大事なことであり、前回良かったのに今回それほどではないというのでは、二次会の勢いも萎んだ感じになってしまうのではないでしょうか。

リアルに何を景品に?

二次会の景品にギフト券を送るということは、様々な人たちの嗜好にいちいち考えずマッチさせることが出来るメリットがあります。ただし、二次会の景品で、ギフト券のように紙切れ一枚を渡されたところで、見た目インパクトがないというのも事実です。

一体他の人たちは二次会の景品に、ギフト券以外どのようなものを考えているのでしょうか。二次会の景品で、幹事さんの評価が決まると言ってもいいのかもしれません。 そのヒントは、既にギフト券でお話しは済んでいるのです。

ギフト券は紙切れ一枚でインパクトに欠けるという言い方も正解です。毎回毎回、ギフト券というのでは何かマンネリ化した印象も否定出来ません。そこで、ギフト券で購入出来る商品をそのままリアルに景品としてしまえばいいのです。
テーマパーク
時として、二次会の景品に、黒毛和牛というのもありです。黒毛和牛をもらって困ったという人たちもほとんどいないでしょう。黒毛和牛のプレミア感にほおが緩むことは間違いありません。

米俵なんていうのもありです。やっぱり日本人は、お米で生きているのです。本来米俵程、日本人の方々が幸せ感に満たされるものはないのかもしれません。しっかり米俵を持って帰ってもらいましょう。

そしてディズニーランドやUSJといった有名な施設のペアチケットやフリーパスなどというのもありではないでしょうか。